2014年12月07日

357. 今で言うところのポータブルプレイヤーのCMに使われたこと


She Took Off My Romeos : David Lindley


パイオニア”ランナウェイ”TVCFイメージソング。

ランナウェイと言われても、わからない人もいるかもしれないので補足すると、ランナウェイとは、パイオニアが発売していたラジカセの名称。

ラジカセと言われても、わからない人もいるかもしれないので....いないですよね?


” She Took Off My Romeos ” というか邦題 ” 僕のロミオ ” は、デヴィッド・リンドレーのソロ・アルバム 『 El Rayo-X 』 というか邦題 『 化けもの 』 からのシングル・カットとうこともあり、ドラムはイアン・ウォーレスが担当している。
デヴィッド・リンドレーがCMソングに使われたのも驚きだし、そもそもシングルが発売されていたことが驚きである。

こんな曲が、TVで流れていたと思うと(覚えていません、残念ながら)、80年代も捨てたものではない。

King Crimson Data Base での 『 El Rayo-X 』 の紹介はこちら

タグ:Ian Wallace
posted by KCDB at 00:00 | TrackBack(0) | シングル

2014年11月23日

356. ” Hound Dog ” を弾くフリップ


IMG_1267_R.JPG


HP と twitter で、blog の存在を忘れてました。

どれくらい忘れていたかというと、パスワードを再発行した程です...

そんな私ですが、新しく思いついた新企画、クリムゾン関連のシングル!
シングルを意図的には収集していないので、直ぐに終わりそうな企画です。我ながら。

ということで、第1回は、Walter Steding のシングル。
” Get Ready ” のB面に収録されている、プレスリーの ” Hound Dog ” で、フリップがギターを弾いている。
Walter Steding のアルバム 『 Walter Steding 』 に収録されているテイクと全く同じなので、希少価値はないけど。

posted by KCDB at 00:00 | TrackBack(0) | シングル

2013年09月02日

355. 東京タワー蝋人形館

残念ながら9/1をもって閉館した東京タワー蝋人形館。
私も最後の巡礼と思い、訪問しました。

前回訪問したのは1996年。
当時の写真は、色あせてしまいました。

d8efaba28b29eb6ce03182de798527d3.jpg

今回、一番気になったのはベースボール・キャップを被っていること。

よく見ると、DGM Live のロゴ入りです。

1062e68b192d114f71e37ab4850120ce.jpg

そしてフリップの濃いヒゲ。
写真ではわかりにくいですが、見事に再現されていました。

84c206e8b18376ee0a7887eb4b56e32d.jpg

年内に開館されるという、「ロック博物館」も楽しみです。

タグ:Robert Fripp
posted by KCDB at 00:00 | TrackBack(0) | その他

2013年07月21日

354. 久々に購入したクリムゾン本

DGM の通販サイトで、Andrew Keeling による 『 The Concise Musical Guide to King Crimson and Robert Fripp (1969-1984) 』 という本が発売された。
最近注文したので届くまでもう少し時間もかかると思うが、楽しみである。

一方、DGM では発売されていない、クリムゾンのディスコグラフィー本を発見した。

Brendan James という人がまとめた 『 King Crimson A Discography 』 という本を、私は米国アマゾンから購入したのだが、例によって日本アマゾンよりはるかに簡素な梱包で(笑)、2週間程度で届いた。

内容は、2010年頃までに発売された、クリムゾンとプロジェクト関連の作品のクレジット、各国での発売状況を記載したもの。
眺めているだけで楽しい、というか眺めるだけのような気もしないでもないが、楽しむことができた。

でもやっぱり、今は冒頭に記載した Andrew Keeling によるクリムゾン本が早く届いてほしい!



タグ:King Crimson
posted by KCDB at 18:41 | TrackBack(0) | その他

2013年04月20日

353. マライア・キャリーを聴く King Crimson Data Base

24b80ddb0fcd68e5fbf226b6c61474ee.jpg


エイドリアン・ブリューが参加している、Tom Tom Club。

その Tom Tom Club の ” Genius Of Love ” をサンプリングしているのが、マライア・キャリーの 『 Daydream 』 に収録されている ” Fantasy ” 。

アルバム自体が全米No.1 な上、” Fantasy ” も全米No.1。

” Genius Of Love ”のクレジットはバンド名なのだが、” Fantasy ”にはしっかりとエイドリアン・ブリューの名前がクレジットされている。
ブリューの懐も充分潤ったものと思われます。

今回、この ” Fantasy ” に、ブリューのギターもサンプリングされているか、検証してみました。

そのために用意したのが以下。リリース直後は入手しやすかったのかもしれませんが、今回検証のために全国を探し歩きました(ウソ)

1.オリジナル・アルバム 『 Daydream 』
  :1曲目に Fantasy を収録。

2.Fantasy のシングルその1
  :以下の5ヴァージョンを収録
    Album Version
    Bad Boy Fantasy
    Bad Boy With O.D.B.
    Bad Boy Mix
    Def Club Mix

3.Fantasy のシングルその2
  :以下の5ヴァージョンを収録
    MC Mix
    Puffy's Mix
    Puffy's Club Mix
    The Boss Mix
    Sweet Dub Mix

そしてその検証結果は....よくわかりませんでした。

相変わらずのオチですみません。
posted by KCDB at 00:00 | TrackBack(0) | その他