2005年05月14日

99. オリジナル・マスター・エディションについて

『レコード・コレクターズ』誌の最新号に、『 In The Court Of The Crimson King 』のオリジナル・マスター・エディションについての記事があった。

同誌では、「We Hear New Sounds」という音質面からの解説を行う連載があり、そこで取り上げられている。

オリジナル・マスター・エディションについては、今まで劇的な音質向上が感じられないとコメントされることが多かったと認識している。 また、私自身もフリップへのお布施が目的で購入したようなもので、音質の違いを大きく感じることができなかった。

しかし、である。

こういった記事を読み、論理的に解説されると、自分のオーディオの再生能力の貧弱さが嘆かわしく思えてくる。

はぁ。

次号では、英国オリジナル盤との比較を行うとこのと。
こちらも楽しみである。

タグ:King Crimson
posted by KCDB at 00:00 | TrackBack(0) | 雑誌・新聞掲載情報